早期治療で助かる可能性大|大腸がんの治療をしっかり受けよう

じっくり方針を考える

お見舞いする家族

放置する選択肢もある

大腸がんの治療は他のがんと同様に手術による切除、放射線治療、そして抗がん剤治療を行うケースが多くなっています。その治療方法を選択するのかは病状やステージによって異なります。大腸がんにも転移を伴うケースと転移しないケースがあります。大腸の壁を通過せず、転移しないがんは比較的ゆっくりと成長するため、ある程度放置しても問題ないことがあります。転移するがんの場合には手術を急ぐことも重要ですが、大腸で発見された場合にはすでに転移しているケースがある事、そして手術することで転移を加速度的に進めてしまうことを考慮すると治療方針は慎重に検討することがベストです。大腸がんは高齢になってからかかることが多く、手術などの治療においては体力の懸念もあります。

進行が遅いことが特徴

抗がん剤は毒薬に近しいため大腸がんに効果があるだけでなく、他の正常な組織を壊してしまう可能性もあります。そのため、むやみに抗がん剤治療を行うことも得策ではないこともあります。したがって大腸がんと同時に共存していくことも視野に入れて治療方針を検討することが最善と言えます。手術後に生活の質を落とすような場合には手術をする事が必ずしも得策とは言えません。開腹してみないとわからないような場合には、治療を行わなかった場合にどれだけ生活の質が低下するのかと比較する事も大事です。担当医のみならずセカンドピニオンなどの意見を取り入れて最終的に自分の意志で治療方法を決断することをおすすめします。大腸がんはすぐに死に至る病気ではないため、考える猶予がある脳です。

患者は増加傾向を示す

man and woman

日本では食生活の変化によって大腸がんの患者が増加しています。大腸がんは転移しやすいがんですので早期発見によって転移しないように治療することが必要です。最近はファイバースコープによる検査でポリープを除去してがん化を防ぐことが出来るようになっています。

More Detail

がんの外科療法

手

腹腔鏡手術による大腸がんの治療は、がんの外科療法の最新の治療法である。腹腔鏡手術はメスを使わずに大腸がんを治療することができ、痛みが少なく大きな傷跡が残らない点がメリットである。腹腔鏡手術の名医は、通常の外科医では困難な腹腔鏡手術をすることができ、患者からの人気を集めている。

More Detail

内視鏡で治療

横になる中年女性

大腸がんは早期の段階で発見し治療を開始すれば、極めて高い確率で完治すると言われています。早期発見にも早期治療にも使われる内視鏡とは、現代医学の技術を凝縮させたような医療機器です。内視鏡による検査と治療が可能になったことで、早期の大腸がんは治る病気となったのです。

More Detail