早期治療で助かる可能性大|大腸がんの治療をしっかり受けよう

がんの外科療法

手

負担の少ないがんの外科療法

大便に血液が混じっている便潜血の症状がある場合は、大腸がんを患っている可能性がある。便潜血がある人は大腸カメラで大腸の内部を観察し、がんの有無を調べることになる。大腸カメラの検査でがんが見つかった時には、小さな腫瘍であれば大腸カメラで除去することが可能である。腫瘍が大きい場合は、大腸カメラでは除去することができないため、外科手術を行うことになる。大腸がんの外科手術は、以前は開腹手術が主流であったが、現在は腹腔鏡手術が主流になりつつある。腹腔鏡手術による外科療法は、大腸がん以外のがんの治療の際にも行われている。腹腔鏡手術は、メスでお腹を大きく切開する必要はないので、大きな傷跡が残らないことがメリットである。外科手術よりも肉体的な負担が軽減されるため、体力が衰えている高齢者の大腸がんの治療法として人気が高まっている。

腹腔鏡手術の人気の理由

大腸がんの腹腔鏡手術は、外科療法による最新の大腸がんの治療法である。腹腔鏡手術はメスを使わずにがんの治療ができることで、がん患者の間で人気が高まっている。腹腔鏡手術はメスを使わない外科療法であるため、痛みが少なく入院の期間も大幅に短縮できる。入院の期間が短くて済むので、働き盛りのがん患者は早期に職場復帰することが可能になる。腹腔鏡手術を行うには、高度な外科技術と豊富なキャリアが要求される。循環器外科の病院では腹腔鏡手術の名医が治療を行なっており、患者からの人気を集めている。腹腔鏡手術の名医は20年近いキャリアがあり、高度な外科技術を有している。通常の外科医では治療することが困難な大腸がんも、腹腔鏡手術で治療することができる。